2008年01月19日

Rakuya ∞ Cafe

あけまして楽やさん かなり至近距離で☆

2008年1月19日土曜日
東京都杉並区高円寺北/楽や
(2008年…通算2本目)

[artist]
☆Rika(vo&ukulele)/岡山晃久(Dr)/佐々木憲(Key,Acc)/渡辺拓実(Bass)

【公式サイト】
[Rika] http://blog.livedoor.jp/rikamusic428/
[岡山晃久] http://d.hatena.ne.jp/Aki-Hisa/
[高円寺・楽や] http://www.luck-ya.com/

高円寺駅の北口改札を出て純情商店街の一番奥、
T字路の右斜め地下にある「楽や」さんへ出かけてきました。

ハピ★ホピさんで初出場、ジ・コンテストでご披露された
オリジナル曲「ナミダノワケヲ」や「オカメインコの歌」、
ジャズのスタンダードナンバーなどなど…
時間を忘れてやんわりさせてもらいました。

今回VTR撮影もしてみたので…
ハピ★ホピさんのご了解をいただき、後日アップしようと思ってます。

…てか、「じゃこ天うどん」に「タコス」にと、
楽やさんのフード美味しいですってば。揺れるハート
食べ過ぎてステージ終了後、ちょっとウトウトしてました。
posted by ごんた at 20:30| 東京 ☀| Comment(2) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

高円寺の「らくや」さん

純情に突き当れば…楽や 立ち見のお客さんも!

2007年6月26日火曜日
杉並区高円寺/楽や
(2007年…通算33本目)

[artist]…Rika(vocal)/菊田茂伸(bass)/大橋祐子(p,ピアニカ)
[guest]…岡山晃久(per)/ヒノフジヒロシ(g)

朝からウクレレ練習会があり、そして夜に学校があり…
予定尽くめの連勤前の休日。

こんな日の夜のシメに…行って来ちゃいましたexclamation
師匠のライブ黒ハート

「やんわり日記」ではおよそ1年3ヶ月ぶりの登場の高円寺さん。
そして今宵初上陸となる、高円寺の「楽や」さんであります。

過去の日記にも登場したあの、「MOON STOMP」さんのすぐお隣なんですひらめき

今回は2ステージ構成。
1ステージ目のスタートが午後8時半、2ステージ目は10時とユルリとした時間が流れます。

楽やさんのお店独特の雰囲気も手伝ってか、オーディエンス側として肩に力の入らない「やんわり」とした空間が広がっていました。

Rikaちゃんも日に日に自信を付け、一曲ごとに思いをしっかり込めて歌いこんでいるんだなぁっていうのがコチラにも響いて伝わってました。
精神面でも技術面でもパワーアップしてるなぁ右斜め上

ぜひまた遊びに行きたいステージに出会えたような夜でした。

ふとよぎったのは…
また師匠と一緒のステージに上がるのはいつの日か!?
posted by ごんた at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

☆★☆100★☆★

2006年9月16日土曜日
品川区東大井/nac's
「KISSの会」
☆★☆(2006年…通算100本目)★☆★

最近大変にお世話になっているバンドさんK's POCKETのベーシストであるKジロ→さん主催の企画におじゃましました!
個人的なことで恐縮ですが、2006年における参戦ライブの通算100本目でございます。
音楽と出演者ではなく、美味しいお食事とお酒、そしてお客さん同士のコミュニティを大事にするこの企画。

”KISS”とは…2003年の1月24日から始められた毎週水曜日と金曜日の路上ソロベース演奏という活動はやがて、様々なミュージシャンとのセッションの他に、写真家や絵描き、タップダンサーやダンサー、詩人家、舞踏家、問答屋、お笑い芸人などといった人々とのセッションによって、音楽という枠にとらわれない「ジャンルも自由」「参加も自由」という特殊な路上セッション集団の名前なのです。(Kジロ→さん、コピペ失礼します。。。)

実際私、この路上へは遊びに行ったことがないんですけれども、ある日のjinbowgさんの日にて初めてご挨拶したKジロ→さんから誘われて前回、4月に開催されたときに初めておじゃましたのでした。

んで、2回目の参加となる私。1曲弾かせてもらうことになりました♪

【ゴンタ・セットリスト】
1、music泥酔〜KISSの会 ver.〜

恐れながら自分にとって節目の100本目ということで、今まで音楽や様々な場面で僕を力強く支えてくれたさっとんに敬意を表し、唄わせていただきました。
自然と心地良い手拍子も起こって、気持ちよく唄えました〜♪

jinbowgさんの日でよくお会いする方とも初めてごあいさつできて、美味しい料理の数々も堪能し、素敵なセッションも体感できて…。
とーってもいい夜でした♪
posted by ごんた at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

朗読の夜

2006年8月28日月曜日
杉並区南阿佐ヶ谷/あさがやドラム
「朗読ナイト・第51話」
(2006年…通算94本目)

出演…砧川キヌ子/鈴村真紗/平木亜美/谷口恵美/鈴木しのぶ

コンティックのキヌちゃんを千住でダーツに誘おうと思い、
ネットでスケジュールを確認してたら…「朗読ナイト」の当日だった。

休前日で予定もズッポシと空いていたし、折角の機会なので行って来ました。

イベントの主旨は朗読。あれです。
ラジオの「講談社ラジオブックス」のライブバージョンみたいな感じ。

出演者は全員女の子で8月ということもあり、お浴衣姿でのご登場。
ごちそうさまでした。…っておっさんみたいな感想ってことでいいね?

残念ながらキヌちゃんの出番には間に合わなかったので、
次回はぜひ語りの勇姿を見届けたいと思っています。
posted by ごんた at 19:30| 東京 🌁| Comment(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

さっとんが高円寺へゆく〜

2006年3月6日月曜日
杉並区高円寺/Show Boat
佐藤タカキ出演ライブ
(2006年…通算28本目)

出演…佐藤タカキ/sola/LP/KASURI(順不同。さっとん3番手。)

ちょうど一年前、あの金谷ヒデユキさんと対バンした思い出の高円寺ShowBoatさんに再び登場。
今回は…”21世紀のカントリーボーイ”として挑む佐藤タカキ君のライブへ行ってまいりました。

覚えています?あの頃…

<やんわり日記・アーカイブス>
2005年4月14日木曜日
杉並区高円寺「SHOW BOAT」
佐藤隆樹、金谷ヒデユキと一騎打ち(!?)の巻

【佐藤隆樹・セットリスト】
@告白
AFor example
B東京〜MY TOWN〜
Cレンタルレコード
DLOVE&PEACE

…この時も「パーカーライフのさっとん」ではなく、ソロアーティスト「佐藤隆樹」として果敢に挑み、高円寺のお客さんをもうなずかせた成果の有るライブだったように思います。

そしてあれから1年今回のセットリストはこうなりました。

【佐藤タカキ・セットリスト】
1、僕にはあなたが
2、告白(withドン君)
3、春よ恋
4、中央通り店
5、レンタルレコード
6、東京-My Town-(喰らえ東京Ver)

告白、レンタルレコード、東京といった一年前と同じ曲もあったのだが、ライブを観た印象としてはもうまったく別の曲を聴いてるような錯覚になった。
1年前の残像ではなく、完ぺきにカントリーボーイ・佐藤タカキとしてのスタイルが明確になり、緊張しながらも、自分に自信を持ってやっている感じを受けた。
この中でも一番光っていたのは新曲「春よ恋」だったと思う。一年前のセットリストでは出ないであろう柔らかな歌声が高円寺に響いた。オレ、仰け反った。

それにしても、高円寺の街はさっとんもステージ中のMCでもしゃべってたけど、いつ来ても変わらない素敵な街だなーって。
良い方向へ向かうには変わることも大事だけれど、良いと思えるものは変わらずにいることも大事。
街全体を通して僕らに教えてくれる街・高円寺。

将来、「さっとんが住む〜」に変えます社長?(笑)
posted by ごんた at 22:15| 東京 🌁| LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

魔王様との再会

2005年11月13日日曜日
杉並区高円寺/MOON STOMP
「音座」2ステージワンマンライブ

7時半スタートということで、2ステージめからでいいや〜なんて軽い気持ちで訪れてみたら、まだスタートしてなくてビックリ☆ひさしぶりに再会の音座のお二人と100%出逢えるお仲間さまと楽しいひとときを過ごしました。およそ3ヶ月強ぶりのたっぷり2ステージで、完ぺき手の内は知っているはずでしたけれども、今回もやられた☆笑ったもんなぁ〜!ジュンちゃん、動けるもんなぁ〜!サリー先生のピアノテクニックに見とれちゃうなぁ〜!タイカレーおいしかったなぁ〜!…一部反れましたが、また行く。間違いなく。。。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

右手!左手!

2005年7月31日日曜日
杉並区高円寺/「MOON STOMP」
音座ワンマンライブ(たっぷり2ステージ)

※杉並区は高円寺、駅南口から純情商店街をまっすぐいった突き当たり地下のライブバー「MOON STOMP」。私、すっかりリピーターとなっているアーティスト・音座のお二人がワンマン2ステージやるぞ!とあったもんですから、仕事をビシーッ!バキーッ!と片付けて駆けつけてまいりました☆…完全版のフライヤーは手元にあるのですが、今後のネタバレ的ニュアンスを含ませてはいけないので、ダイジェスト風にセットリストを。

【音座セットリスト・ハイライト】
[1st stage]
・魔王
・アブラハムの子
・びっくりしゃっくりブギウギ
・東京レジャー娘
・真赤な太陽(カバー)
・Paul&Pola そのほか

[2st stage]
・インディアン・ツイスト
・火の玉ロック
・買物ブギー
・fly to the moon そのほか

※タイミングがなかなか合わなくて、2、3ヶ月ぶりでしたけれども、大変にパワーアップなさってらっしゃる!四字熟語で感想を表わすとすると…「終始笑顔」ですな☆お客さんを楽しませたい、自分たちも楽しみたいという、アーティスト(音楽、お笑いに限らず、商売人など)としての基本姿勢を楽しみながら学ばせてもらったような気がします。ステージの基本となる筋がしっかりあってもそこからライブならではのアドリブがポンポン飛び出していって、それが全て私のツボ。ツンツン突かれっぱなしでございました☆…また来る?…オフコース♪

posted by ごんた at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

2005.4.14 高円寺SHOW BOAT



2005年4月14日木曜日
杉並区高円寺「SHOW BOAT」
佐藤隆樹、金谷ヒデユキと一騎打ち(!?)の巻

JR中央線総武線・高円寺北口改札を出て、セントラルロードという細い商店街をひたすらまっすぐ。右手地下にあるライブハウス…「SHOW BOAT」にて、さっとん(佐藤隆樹君)ソロの弾き語りライブ出演があるということで行ってきました☆
出演は…松本恵理・伊藤正人/村上翔一(賦kid's)/金谷ヒデユキ・野島健太郎(浮気JAF)/佐藤隆樹の4組。何とあの、テレビ番組「ボキャブラ天国」に出ていた元・キャブラー「金谷ヒデユキ」さんとの対バンが実現でございます!!金谷さんのユニット「浮気JAF」とさっとんのセットリストを交えながらちょっとしたレポートを。。。

【浮気JAF・セットリスト】
@夏草&カニの詩
A水のリズム
Bやつらの足音のバラード(カバー)
C猫のいた部屋
Dただ丸い月が
ESTAND FOR ME

※現在は完璧な”いちアーティスト”としてご活躍中。金谷ヒデユキ&JAFという3ピースユニットで活動なさっています。でも今回は、野島健太郎さんとの即席2ピースユニット「浮気JAF」で登場されました☆丁度僕も仕事を終えて到着した時に始まっててグッドタイミングでした!キッチリ聞けたのは「A水のリズム」からだったんですけど、スゴイ引き込まれた!カッコよかったなぁ〜☆一番グッと来たのが「Dただ丸い月が」だった。相方、野島さんとのコンビネーションも即席とは思えないほどビタッとはまってて、「浮気」と言わず「本気」にしてもいいんじゃねぇかぐらいな勢いであっというまの6曲ステージ。また聴きたいと思えました♪

【佐藤隆樹・セットリスト】
@告白
AFor example
B東京〜MY TOWN〜
Cレンタルレコード
DLOVE&PEACE

※あの金谷さんとの対バンが決まった日からかなりモチベーションを高めてきたような気がします。しかも、出演4組中のトリを務めるということで、プレッシャーもかなり感じていたんじゃないかしら?!迫ってくるプレッシャーをマイナスに働かせるかプラスに働かせるか。。。この日のステージは見事、後者の方に働いて見せたと思う。30分ステージの5曲というレギュレーションではあったけれど、季節柄…春風が爽やかに駆け抜けていくような感じがあったし、非常に凝縮された分厚いステージを展開してくれた。今回新機軸として、B東京〜MY TOWN〜にはドラムの「ドン君」が高円寺初登場。この「東京」に込められたメッセージは僕の胸に響き、共鳴している。…東京に休みを、笑顔を、愛を。先日、仙台遠征をした時に遠くから東京という街を見下ろしてみて、いろいろ考えたんだろうなぁ。。。さっとんを知らない、高円寺のお客さんも心地良くステージに集中していました。会場の空気、ステージを食い入るように見るお客さんの雰囲気も手伝って、非常に可能性を強く感じることの出来たいいステージでした☆☆☆

posted by ごんた at 23:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

2005.3.27 高円寺MOON STOMP



2005年3月27日日曜日
高円寺「MOON STOMP」
「音座」ライブ(2ステージ)

この写真は関係あるような無いような。。。自作してみました。f(^^;
…JR高円寺駅北口改札を出て、純情商店街の突き当たりにあるライブハウス「MOON STOMP」にて、先月の秋葉原PAGODAで出会った…ピアノとヴォーカルの二人組女性ユニット「音座(おんざ)」さんのライブへ出かけてまいりました♪このライブはチャージが500円+1オーダー、45分・2ステージ制で、しかもスタートが20時という、…お店の方商売的に大丈夫なんですか?と思わず心配してしまうような初めてのライブハウスでした。音座さんのHPにもチラッと告知があったように、お酒はもちろんお料理のクオリティの高さに驚き☆タイミング悪く食べられなかったんだけれど、たぶん、今まで出かけたライブハウスの中で一番おいしそうだったもの!!「シーザーサラダ」とか、「若鶏肉の香草焼き」とか、ピザなんかはあなたスゴイですよ!いわるゆ「チン!」じゃなく、注文をもらってから生地を伸ばしてアツアツに焼いてお出しするっていうんですから!!特にお目当てさんがいなくても、高円寺とか中野方面へ行くような事があったらフラッと寄りたいような。。。そんな居心地の良い場所です☆スゴくいいとこ見つけたなぁ〜♪他のお店もこの心配りを見習ってもらいたいっす!
さて、音座さんのライブですが…僕が到着したのが午後8時半過ぎ。客席は僕を含めて立ち見のお客さんも数人いて超満員☆3、4席のカウンターとテーブル席2つ、ほか椅子がちらほらという17、8人だったろうけれどスゴイ熱気でした!スタートが8時予定だったけれど、とある事情で開演がかなーり押してしまった模様で、第1ステージの頭から堪能することができました。これはちょっとラッキーでした☆秋葉原PAGODAでご披露いただいたものおよび彼女達の音源「音座ブック」(CD付きブックレット。税込1500円。ライブの余韻にいつまでも浸りたいならこの一枚。奥さん、買いなさい!)からの楽曲、さらには時代劇「遠山の××さん」のテーマ、早口言葉の唄などの音楽面での仕上がり、そしてお楽しみのMCでの小ネタ・ハプニングの数々…2ステージという時間をまるで感じさせず、本当にあっという間に過ぎていきましたなぁ〜♪音座のライブでは、例え同じ楽曲を聴いていたとしても、来たら必ず「何かが起こる」という期待感を持たせてくれるんです☆見事に二人はライブハウス全体を時には優しく包み込み、時には荒々しく引っ掻き回す…時折見せるコンビ愛にハンカチ無くしては語れません(笑)ともかく何が言いたいかといいますと、間違い無くまた音座のライブには行きたいです!…ライブ終了後、久々に飲んだお酒も美味しかったなぁ〜♪カウンターで飲みながら、「ハチノス」というパンクバンドでドラムをされている方と仲良くなりました☆主に大久保(総武線)や新宿で活動をされているそうです。HPのリンクをとりあえずこの日記に貼っておくので、ライブの御予定などチェックして足を運んでみてくださいね♪僕もどんなんだか一度観て見たいなぁ〜。

「音座」公式ホームページ
http://onzamaou.hp.infoseek.co.jp/

「ハチノス」公式ホームページ
http://hachinos.hp.infoseek.co.jp/

あっ!どちらもサーバーがインフォシークだ☆

posted by ごんた at 02:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

2005.2.13 劇団幹生第5回公演「善人祭」


ふとしたキッカケでお芝居を見てみようと思った。お笑い芸人コバヤシさんに誘われてのことである。劇団・幹生というもちろんではあるが、初耳の新進の劇団である。会場は杉並区阿佐ヶ谷にある「 SAMSA ASAGAYA」という地下の小劇場。金持ちの家にありげな蔵(くら)の屋根裏に忍び込んだような造りである。今回のお芝居の名前は…「善人祭」という。あらすじはこんな感じ。。。

冬の終わり、町から遠く離れ、山々に囲まれたその先の先、美しい湖の畔に建つ古い旅館を舞台に、年に一度、村の象徴である湖の神を奉る祭りの日の当日、普段より少し賑やかなこの村で起こる、バランスの悪い家族、別れ話を切り出す恋人達、祭りの行事を巡って対立する村人達、、、さまざまな集団の中で生きる人達の、それぞれの理想と上手くいかない現実が交差し、大きな波になって、おのおの心を揺らしていく。それでも湖はいつものように、美しく、静かに、そこにある。
(劇団・幹生公式サイトより)

キッカケをくれたコバヤシさんの役どころというと…旅館の近くに住んでいて、祭りの大役を務める村人・土井健の娘「桜川理沙」役でした。芝居してる感じは、お笑いで見せるようなしっかりとした個人のキャラクターの延長線上を行く存在感のあるもので、なかなか良かったと思いますよ☆役回り的には意地悪な感じだったけどね(笑)お芝居の全体的には、村人や旅館の人たち、お客さん達と接点の無かった人たち同志がギュンギュンに絡み合ってゴチャゴチャしていく感じが面白かったなぁ。舞台を食い入るように見ていたなぁ。んでね、どんな役者さんのキャラクターも現実の世界から離れてなくて、身近にいるような人たちばかりで、なかなかリアリティがあって面白かった。ああ、ああいうヤツっている!いる!みたいな。ちょっと共感できたかも。…ほぼ初めて体験するお芝居の世界。また行く機会は訪れるのだろうか。。。

posted by ごんた at 01:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE/杉並区・品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。