2008年06月22日

なんとか一位通過。

サッカーワールドカップアジア3次予選の最終戦。
日本×バーレーン。

すでに両チームとも最終予選進出を決めている同士の激突。
いわば消化試合なのだが、ケガを抱える俊輔選手が出たのは?
最終予選のためにも休ませてもよかったのでは?
とはいえ、アウェーで屈辱の黒星をつけた唯一の相手。
同じ相手に二度負けるわけには行かない。

全体的に日本が主導権を握ったものの、
やっぱり得点力不足が露呈。
内田選手のラッキーと取れるゴールが決勝点。

最終予選がちょっと心配っす。
もっとシュートを打たないとー。。。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

南アW杯アジア3次予選

世界への船出。日本×タイ戦 国歌斉唱はあの「ケミストリー」。渋くてかっこよかった! 史上最も身に凍みた試合でした。。。

南アフリカワールドカップ・アジア3次予選
「日本代表×タイ代表」in さいたまスタジアム2002

いやー、TBSテレビでのサッカー中継ご覧になってました?

ずーっと雪降ってましたでしょ?

生涯忘れられぬ「雪サッカー」(しかも代表戦)を観戦となりました。

それでもスタジアムには、35000人ものサポーターが!
この気象条件で良く入った方だと思います。

僕らが見ているサイドで再三に渡り
コーナーキック、フリーキックを蹴ってくれたガンバ大阪・遠藤保仁選手に、
(※ムービーを後日アップします)

そして

ハーフタイム中に身の凍る寒さのなか
一生懸命カップめん&カツサンドを販売していた
売店のおじちゃん、おばちゃんにMVPを差し上げたいと思います

いい試合だったわー。
posted by ごんた at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

岡ちゃんJAPAN始動

日本×チリ
スコアレスドロー。

狭いところでの華麗なるワンタッチプレーにはゾクゾクしましたが、
ペナルティエリア内で果敢に勝負していかないと…。。。

後半交代した大久保選手の動きが実に気合入ってた!
しかし、ボールは浮かせちゃあいかんですグッド(上向き矢印)サッカー

次回、ボスニア・ヘレツェゴビナ戦はゴール頼みます!!




そしてここだけの話…
2月6日からついに始まる運命のワールドカップ予選。

ごんた@ものとんず、参戦決定!
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

Jクラブ、世界デビュー

”URAWA RED DIAMONDS × AC MILAN”

この対戦カードが実現するとは夢にも思いませんでした。

Jリーグ発足から数えて14年。
ついにJリーグが世界のサッカー界へとデビューした歴史的瞬間です。

ボールポゼッションでも圧倒され、試合には敗れたものの…
何にも変えがたい経験を得ることが出来たのではないかと思います。

日本のクラブチームが必ずやビッグクラブから勝利を得る日が来ること信じています。

がんばれ、日本サッカー。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

北京へいけます!

いやー、よかったわー。
サウジアラビアの猛攻を前線からのプレスで必死に防ぎ、
少ないチャンスを懸命に攻めた日本サッカー

最終戦の勝利はならなかったものの、
勝ち点を11に伸ばし…グループ首位で最終予選を終了!
4大会連続で北京五輪出場を決めました手(チョキ)

おめでとうございますぴかぴか(新しい)

U-22の代表だったけれど、柏木、森島、梅崎、安田といった
U-20組の活躍が目立ったような気がします。。。

本戦でもきっと彼らの活躍に期待が掛かりそうです。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

Road to beijing

AFC Final Round Match 5
VIETNAM × JAPAN

北京オリンピック出場に向けての大勝負第一ラウンド。
アウェーでのベトナム戦。

総得点でカタールに首位を明け渡しているサッカー北京五輪日本代表。
勝ち点3のみならず、大量得点が要求される特に厳しい試合です。

前半、FWとしてはじめてとなる李の2ゴールで勢いづき、3−0で折り返し。

しかし後半からは日本自らのミスからホーム・ベトナムが勢い付き、
再三にわたりピンチを迎えます。
ベトナムもグループ中最下位ではあるものの、
今後のアジアサッカーの脅威になることは間違いないでしょう。

苦しみながらもGK西川にスーパーセーブなどでなんとか無失点に抑え、4−0で勝利。

そして別会場…
サウジアラビア×カタールの試合でサウジが勝利したため、

最終戦のホーム、日本×サウジで勝った方が北京への切符を獲得することになりました。
(条件的に日本は引き分けでも良いのですが、ファンも選手も、願いは勝利のみ。)

北京への長い道のりもいよいよファイナル。
2007年11月21日
場所はサッカーの聖地・国立競技場。

すべてはこの試合に託されました。
がんばれ!日本!

そして、やってくれ!
追加召集・デカモリシ!梅崎!
今大会、U-20組がいい動きしとるわなー。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

浦和レッズアジア制覇!そして世界へ…

AFCクラブチャンピオンズリーグ(ACL)・決勝第2戦
浦和レッズ×セパハン

ここ最近では珍しい代表戦以外のサッカー中継。
夕食の麻婆豆腐などを作りながら観てました。

さいたまスタジアム2002には6万人のレッズサポーター。
彼らが送った声援と思いはここ最近の代表戦を遥かに超える気迫であった。

日本のクラブチームとして川崎フロンターレとともに
史上初となる決勝トーナメント進出、
そして激戦を勝ち抜いての決勝進出。

試合展開としては…
浦和レッズ・永井選手の豪快な先制ゴールが生まれ、1−0で折り返し。
そして迎えた後半でしたが、相手・セパハンに押し込まれての必死のディフェンス。
幾度と無くゴールを脅かすシーンが続きました。
それでも、ピンチの後のチャンスが到来して阿部選手の貴重な追加点で2−0。
タイムアップ後のロスタイム3分間も全力で守りきり、
見事、ACL初優勝となりました!

リーグ戦やACLでの過密日程、個々に抱えている怪我で
決して万全ではない選手も多かったことと思います。

しかしこの険しい道のりを力強くアシスト・サポートしたのは言うまでも無く…
”We are Reds”を合言葉に結束を固めるレッズサポーターでした。

2年連続最下位、J2落ちという屈辱の時期もあっただけに、
本当にドラマのようなサクセスストーリーでした。

本当におめでとう!
そして、12月は世界を脅かせ!
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

我が庭、国立競技場。

ウイニングラン! 「国立ブラザーズ2007」 試合後のピッチをバックに…

北京オリンピック2008最終予選
U-22 日本代表×U-22 ベトナム代表

北京オリンピック最終予選の初戦であるベトナム戦の観戦に国立競技場へ行ってまいりました。

同日にフル代表の試合もあって、平日だし集客がどうかなぁなんて思っていたのですが、22,000人と予想以上に入りました。
僕らのいたメインスタンドはほぼ満員でした。

この最終予選は…日本、ベトナム、サウジアラビア、カタールの4カ国がホームアンドアウェーの総当りリーグ戦で戦います。
勝ち点の最も高い上位1位のみが北京への切符を手にします。非常に厳しい条件。
前回のアテネの時も厳しかったもんね〜。

今回国歌斉唱は…
あのミリオンセラーとなった「千の風になって」でおなじみの「秋川雅史」さん。
迫力のある国歌斉唱で勝利に賭ける気合を注入していただきました!

さて、試合内容ですが…
やはり予想通り、日本が終始攻め込む展開で相手・ベトナムゴールに迫るのですが、
日本サッカーのお家芸・決定力不足が露呈。
前半ロスタイムに辛うじて決めた青山選手のヘディングシュートの1点が決勝点になろうとは…

ベトナムのディフェンスも引いて守っていたので、壁が厚く、難しかったところもあるかと思いますが、
競技場へ入場の際にいただいた旗に書いてあった「ブルーの力を見せつけろ!」
という脅威にまではいたらなかったと思います。
今回の課題は明らかに攻撃陣。決定機がテンコ盛り。でも決められなかった。
今後の予選が心配です。。。

しかし何はともあれ、貴重な勝ち点3をゲット!
次回はアウェーで強豪・サウジアラビアと激突です!
posted by ごんた at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ハートと実行力

アジアカップ2007・決勝トーナメント
3位決定戦「日本×韓国」

勝ちたい!というハートと実行力。

体力の消耗以上に激しく燃えた10人になった韓国代表&監督、コーチ陣。
敵ながらあっぱれでございましたぴかぴか(新しい)

しかし、我が日本代表はどうした。
すべてではないが、選手そして監督、コーチなど…。
燃えるものを何も感じなかった雷

個人的に思うのは、ベンチワークが本当にイライラします。
ビハインド(スコアならびに流れ)の展開であるにもかかわらず、動くのが遅かった!

あんなに疲れ切った選手たちを晒して、本当に痛々しかった。
オシム、鬼だな。んで、記者会見にもちゃんとのぞみなさい。
それにより、一部サポーターを敵に回してることろもあるかも?


「負け」は「負け」です。いいですか?


ともあれ、ワールドカップじゃなくてよかった〜いい気分(温泉)
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

日本サッカー強いんだっちゅーの

アジアカップ2007・決勝トーナメント
準々決勝「日本×オーストラリア」

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

元パイレーツの浅田好未さんがご結婚ということで、
私もヤフーニュースでクリックしちゃいました。

パイレーツで選べ!って言われたら、西本はるかをチョイスするゴンタでございます。
浅田さん、ご結婚おめでとうございますだっちゅーの。


えー、話をサッカーにビシーッ!と戻します。

グループリーグ初戦のカタール戦試合終了後、指揮官は確かにこう言った。

「日本のサッカーは強いんだ!」

ワールドカップでの悔しさを胸に戦ったオシムジャパン。
しかし去年は去年。

今の日本サッカーは着実に成長の階段を昇り始めていると、アジアカップを通じて感じている。

そして、よりドラマティックで躍動感溢れ、感動的な試合をやってくれているじゃないか!
東南アジアの”激高温超多湿”の中で、できる限りのパフォーマンスを魅せてくれてるじゃない。
日本じゃあさ、クーラー付いてないだけでブーたれる人も居るのにだ。
以前自分もフットサルやってて分かったんですけど、15分走り続けるだけでも凡人には大変なんだから!


サポーター&評論家の皆さんの適正な評価も代表の成長につながると私は思っています。


90分ならびに延長戦で決着が付けられなかったのは課題とはいえ、
何よりも結果が一番の特効薬。

値千金の同点ゴールを上げた高原選手、PK戦で最もプレッシャーのかかる最後のキッカーだった中沢選手。
実は前日のPK練習ではお二人とも外していたらしい。
アジアカップでは日本代表、何か持ってますよ。きっと。

僕正直思うのですが…
以前のように相手が脅威に感じていた頃とは気持ちが違う。
なぜなら、日本が日本のサッカーをすればアジアでは最強なんだと思えるから。

さあ、勝って兜の緒を締めよ。
次はウズベキスタンとサウジアラビアの勝者と準決勝で戦うオシムジャパン。

アジアの先のコンフェデ、そして…2010年へはばたけ。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | W杯&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。