2007年12月03日

金メダルへの道

北京五輪出場1枠を賭けた「アジア野球選手権2007」

金メダルへ続く道の扉を開いたのは…日本です!

星野ジャパン!決めてくれました!

1点リードから逆転2ランを打たれた時はどうなることかと思いましたけれども、
現場のみなさんもそうですが、僕も選手のみんなを信じていました。

プロ野球のレギュラーシーズンでは決して観られない真剣勝負。
凄まじい試合の連続で興奮しました爆弾

国を賭けての戦いって本当に燃える。
国内でも代表戦を積極的にやってほしいですわー野球
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

野球&バレーボール

両方とも北京オリンピック出場が掛かっているゲーム。

野球はいよいよ厳しいアジア地区予選が幕開け。
初戦となる対フィリピン戦は10−0でコールド勝ち。
しかし、得点シーンはフィリピンの守備の乱れとか
非常に硬いグラウンドでのラッキーなタイムリーなど、
星野監督もしっくり行かない表情でした。
明日は注目の韓国戦。必勝祈願であります!

そしてワールドカップバレー。
残念ながら今大会でのオリンピック出場の夢は途絶えました。
けれども、強豪・ブルガリアに善戦だったと思います。
女子バレーは女子バレーでの楽しみがありますけれども、
男子バレーでは非常に高いブロックや、
時速120キロオーバーの強烈なジャンプサーブが凄いっすね!
次回のワールドカップバレーは生でも観てみたいなー。
…日本戦以外希望。
posted by ごんた at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

トリノ2006「4分10秒/4年間」

メディアやネットは今日はどこでも「荒川静香・金メダル」で一色である。
僕も今朝テレビで観たけれど、フィギュアスケートを見て初めて感動した。

史上初の金メダル・荒川選手
底力を発揮して見事4位入賞・村主選手
大一番で4回転で攻めきった・安藤選手

おつかれさまでした!そして、限りない感動をありがとう☆

…2002年ソルトレークでの惨敗
…国内での未だかつてない大激戦のオリンピック選考会
…浅田真央ちゃんなど若手選手の台頭

選手・コーチという個人レベルではなく、スケート協会全体が危機感を持って4年間…ほんの4分10秒のためだけに集中した取り組みが見事に花開いた結果である。フィギュアスケートに関わったすべてのみなさま…本当におめでとうございます。

危機感を持ってこのトリノに向けて取り組んだのだろうか?
特に、ジャンプ。強化方法や協会の体質から改革しなければならないんじゃない?!
個人レベルの問題ではなく、明らかに協会の強化方法が取り返しのつかない裏目になってると思うんですけど。。。
posted by ごんた at 23:51| 東京 ☔| オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。